三重の四日市で鉄板イタリアンとトンテキ! 11/6土8:00〜 テレ朝 | 芸能ニュースと趣味の時間

三重の四日市で鉄板イタリアンとトンテキ! 11/6土8:00〜 テレ朝

スポンサーリンク

朝だ!生です旅サラダ

プロゴルファー青木功さんが福岡へ

▽日本から一番近い楽園グアム

11/6の出し物

【東留伽が行く!日本縦断コレうまの旅】

「3代目プレゼントソムリエ」アナウンサーの東留伽さんが三重県四日市市で美味しいもの探し!

地元で大人気…鉄板イタリアン⁉
●名物…水餃子&マーボー豆腐⁉
これぞ四日市の味…“とんてき”とは⁉
プレゼントは…?

スポンサーリンク


皆さんこんにちは🌞

独断と偏見男です。

11/6〜は旅サラダ

ですね。ABCテレビアナウンサーの

東瑠伽さんが三重県四日市市で美味しい

もの探し!です。

まず最初は鉄板イタリアン🍝です。

スポンサーリンク


ありがとう、カーサ・タベ。出会ってしまった神ドレッシングと、鉄板イタリアン×モカソフトクリームのコンビネーション!

出会ってしまった、

野菜がいくらでもイケちゃう神ドレッシング

出会った場所は田部の家

四日市といえば的な店。とにかくランチだ、ランチへ行くんだ。

四日市近辺で、
打ち合わせができる店情報を求め、
生粋の四日市っこに尋ねた。

友人:田部の家は行った?

―行ってない

友人:四日市といえば的な店。とにかくランチ

―ランチというか打ち合わせの場所なんだけど

友人:とにかくランチだ、ランチへ行くんだ

ゴリ推しを受け、
近鉄四日市駅の商店街裏にあるカーサ・タベへ。

なるほど、日本語で田部の家である。

ランチ帯ぎりぎりにお邪魔したところ、
食事を終えたお客さんたちがゆるりくつろいでいた。

恐らくみんな常連だ。
にわかではない雰囲気を醸し出している。

男女比は同じくらい。

友人からの事前情報によると、
ここには四日市市民がこよなく愛し、
ソウルフードコンビとも言えるセットメニューがあるらしい。

それが鉄板イタリアンとモカソフト

まず出てきたセットのサラダ。

これが、このドレッシングってば、
めちゃ美味しくていきなり心掴まれた。

主張はさほど強くなく、
だからこそ野菜たちを引き立てるというか、
これじゃん!!って思える味。

すかさずレジ横をチェック。

…よし、売っている…買える…!

続いて、鉄板イタリアンも登場。

フォークを入れた瞬間、
ふぁぁ!ってなるふゎふゎ踊るたまご。

たまごはふわっと柔らかくなるよう水分を入れて、
スパゲティの上から回しかけるのだそう。

もう絶対美味しい予感がしていたから、
Lサイズを注文していた自分を褒めたい。

神ドレッシングサラダ+鉄板イタリアン。

このコンビネーションに、
充分満足していたのだけど、
モカソフトクリームを食べたら、
こっちかー!!というコンビネーションに魅せられた。

甘ずっぱしょっぱな濃厚イタリアンの余韻を、
タベオリジナル配合のさっぱり冷たいモカソフトが、
スーッと締めてくれる感じ。

最高コンビネーションをありがとう。

そしてゴリ推ししてくれた友人、ありがとう。

コンビネーションのコンビネーション

最高コンビネーションのベースにあるのは、
厨房に立つ2代目兄弟によるコンビネーション。

1972年にオープンした「スパゲティの店たべ」は、
2007年におきた商店街の火災にて店舗を焼失し休業。

復活を願うファンの声も多く、
約2年ほど同級生の営む居酒屋を借りてランチ営業を行い、
2010年に現在の本格イタリアン「カーサタベ」として再出発した。

鉄板イタリアンとモカソフトについては、
お父様の修行先が提供していたセットだったそう。

「スパゲティの店たべ」の時代、
土日ともなるとお客さんの8割は女子高校生。

今はその頃から3世代に渡って、
通いつめるファンも多い。

Casa Tabe(カーサ・タベ)店舗情報

パスタのお店 Casa Tabe(カーサ・タベ)

ご予約・お問い合わせ 059-351-4495

※問い合わせはホームページを見たと伝えるとスムーズです。


※ランチタイムの予約はできません。

【所在地】
〒510-0086 三重県四日市市諏訪栄町19-5
【アクセス】
近鉄各線「近鉄四日市駅」北口 徒歩4分
【営業時間】
●ランチ: 火~日 11:00~14:30 (L.O.14:00)
●ディナー: 火~木 17:00~22:00 (L.O.21:30)
金・土 17:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝 17:00~21:00(L.O.20:30)
【定休日】
月曜日※祝日の場合は営業、翌火曜日休み
第1、3、5日曜日のディナー
【カード】
不可
【駐車場】
近隣のコインパーキングをご利用下さい。

2019-09-10

次はトンテキです。

スポンサーリンク


四日市トンテキとは?

「四日市トンテキ」は、単なる豚のステーキ

ではなく、 分厚い豚肉をにんにくと一緒に

濃い目のたれでソテーし、たっぷりの

キャベツの千切りをそえた料理で

四日市の市街地では戦後間もないころから

店に出ていたと言われています。

中華料理店や肉料理専門店から広がり

現在では洋食、レストラン、ラーメン店🍜

居酒屋など、四日市市内や 周辺地域の

いたるところで見かけることができるように

なりました。

調理法や味付けは、お店によって様々に進化

し、千差万別な味付けの「トンテキ」を

食べることができます。

四日市とんてき盛り付け例



トンテキの豚肉やキャベツには老化防止

や美白効果があるそうです。

それに豚肉とニンニク🧄は疲労回復

にもなるんだとか。

このトンテキは他では食べられない

四日市発祥のパンチが効いた料理と言う

事です。

「四日市名物トンテキ」とは・・・

現在、チェーン店を含め、全国で「とんてき」

「トンテキ」「豚テキ」という料理が出て

きていますが、 四日市で一般的に食べられて

いる「トンテキ」と全く違う味のものも

あります。

「四日市トンテキ」の定義は以下の通りです。

(1)ソテーした厚切りの豚肉である
(2)黒っぽい色の味の濃いソースが
絡められている
(3)にんにくが添えられている
(4)付け合わせは千切りキャベツが主である

また、グローブ状という一枚肉の片側が

つながっている独特の形がみられるのも

「四日市トンテキ」の特徴の一つですが

短冊状・スティック状に切った「こま焼き」

「こま切れ」といったものも

「四日市トンテキ」です。

スポンサーリンク


まつもとの来来憲(らいらいけん)

まつもとの来来憲

三重・四日市名物「とんてき」が楽しめるお店8選|とんてきの定義も紹介

四日市の老舗とんてきといえばこの「まつもとの来来憲」。

地元では人気の中華料理店で、昭和52年の創業当時からとんてき一筋!

「大とんてき」が一番人気のメニューで、国産の豚肉250gとボリューム満点。

地元の方にも愛されているメニューです。

自慢の肉料理だけでなく、麺類やご飯類など豊富なメニューも人気の秘密。

「お肉が柔らかく美味しいです!」
「パンチは強いが案外バランスもよい」

などと、肉質も味も大満足の口コミを多く見かけます。

【店名】まつもとの来来憲
【住所】〒510-0836 三重県四日市市松本2丁目7-24
【TEL】059-353-0748
【営業時間】11:00~14:00、17:00~20:00
【定休日】月曜日、火曜日、祝日
【電車でのアクセス】近鉄湯の山線伊勢松本駅から徒歩約3分
【バスでのアクセス】三重交通 かわしま線 松本駅前から徒歩約2分
【公式HP】https://matumoto-rairaiken.com/
【公式instagram】https://www.instagram.com/matumoto_rairaiken/

まつもとの来来憲 口コミ

伊勢松本駅/中華料理、豚料理

enage

四日市のトンテキはシンプルにウスター

ソースとニンニク🧄でソースの色が

濃い感じがしますね。

こうゆう味付けで豚肉を食べた事が

ないので想像でしかないですが

食べたい一品です。

その他の出し物

グアムより最新リポート!昨年オープンしたラグジュアリーホテルで、ちょっと贅沢な週末旅をご紹介▽青木功さん思い出の地・福岡県糸島を巡る&中洲の名店で美味いもの三昧

◇番組内容1

【ゲストの旅】
青木功さんが福岡県の思い出の地で、美味しいものを食べまくるグルメ旅!糸島の名門ゴルフ場で名勝負の思い出を…レストランで名物「鯛茶漬け」に舌鼓。芥屋港で釣りを楽しみ夕食ゲット⁉福岡市内では、中洲のすき焼き店、老舗の寿司屋さんへ!

◇番組内容2

【海外の旅】
南国・グアムより生中継!ラグジュアリーなホテルに滞在し、ワンランク上のひとときを過ごす楽しみ方が、最近地元の人たちの間で大人気!穴場のビーチに、素敵なランチ、優雅なナイトショー、ボートチャーターツアーなど、内容充実のラグジュアリーな週末旅をご紹介!

◇番組内容3

【生中継のコーナー】
岩手県釜石市よりリポート!甲子町から、この町だけでつくられ、1カ月間しか味わえないという“魔法の柿”をご紹介!皮ごと食べられる、ぷるっぷるのゼリーのようなあま〜いカキ…その秘密とは?地元の高校生が考えた㊙料理&プレゼントもあります!

出演者

【ゲスト】青木功
【レギュラー】神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、渡辺舞(旅サラダガールズ)

東留伽(ABCテレビアナウンサー)

東瑠夏