来年秋の日曜劇場で『日本沈没』リメイクか? | 芸能ニュースと趣味の時間

来年秋の日曜劇場で『日本沈没』リメイクか?

スポンサーリンク

来秋の日曜劇場で『日本沈没』リメイクか、主演は小栗旬

ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の最終回は、平均視聴率32.7%(関東地区)と異例の数字を叩き出し幕を閉じました。これは2000年以降の「日曜劇場」枠で歴代4位の快挙だそうです。

そんな中、来秋の「日曜劇場」枠に早くも大作が決まったという事です。

「日本SFの古典ともいえる伝説の大作『日本沈没』です。

・主演は小栗旬さん(37才)

・共演者には杏さん(34才)

・香川照之さん(54才)

などが名を連ねています。

写真  NEWSポストセブン

“半沢に追いつけ追い越せ”とTBSはいまから気合が入っています」

(テレビ局関係者)

『日本沈没』は関東大震災から50年目に当たる1973年春、小松左京氏(享年80)によって発表されたSF小説です。

「急激な地殻変動によって日本列島が沈没するまでを、科学者や政治家の視点で描いたストーリーです。

高度経済成長後のオイルショックで混乱する社会で大ヒットし、発売初年だけで380万部以上を売り上げた大ベストセラーです」

2006年には草なぎ剛さん(46才)

柴咲コウさん(39才)

ら豪華キャスト陣で20億円もの製作費をかけ実写映画化されるなど『日本沈没』は幾度も映像化されてきた名作です。

「自然災害の多い昨今、改めて注目されていた作品です。ただ、作品の性質上

実写ドラマ化には相当の覚悟が必要です。

今回TBSは、満を持してリメイクを決めたのでしょう。

来年の目玉作品であることは間違いない」

そんな『日本沈没』は、早くも11月から撮影が始まる予定だという。

「放送1年前からクランクインするのは異例中の異例

2006年の映画では実物の潜水艇を使うなどリアリティーを追求し、興行収入53億円突破の大ヒットでした。

前作を超えるべく、徹底的に制作には凝りたいのでしょうね。

また、小栗さんのスケジュールが相当詰まっているのが理由の1つだと聞いています。

小栗さんは山田優さん(36才)ら家族と今年7月にアメリカから緊急帰国していましたが、新型コロナが落ち着いたら日本とアメリカを行き来する生活になり、ますます時間が取れなくなるのではないでしょうか。

さらに小栗さんは、2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも主演が決まっていて、大作が続くことになります。

どちらも彼の代表作になる可能性があるので、かなり気合が入っているようです」

1年後、日本は沈没するのだろうか。

引用 女性セブン

まとめ

日本沈没って言うと穏やかな

話しではないですね。

地球温暖化で南極の氷が溶けて海面

が上昇していると言う事もあるので

全然あり得ない話しではないですが

ドラマや映画の中だけの話しであって

欲しいものですね。

日本沈没2020…の動画はこちら

『日本沈没2020』スペシャルPV「シズマヌキボウ」 Full ver. – NETFLIX