肉厚ジューシー“湘南チキン”美味しさの秘密は、鳴かない鶏⁉ 12/18土9:30〜テレ朝 | 芸能ニュースと趣味の時間

肉厚ジューシー“湘南チキン”美味しさの秘密は、鳴かない鶏⁉ 12/18土9:30〜テレ朝

スポンサーリンク

スポンサーリンク


皆さんこんにちは🌞

独断と偏見男です。

〜は食彩の王国

ですね。

今回は「肉厚ジューシー“湘南チキン”美味しさの秘密は、鳴かない鶏⁉」です。

いま話題の「湘南チキン」の秘密を探ります。

鶏舎を訪れると、鳴き声が聞こえない!?その理由とは。

匠の新作は、聖夜のイタリアンスペシャル。

ジューシーさ満点の一皿です。

神奈川県小田原市の山中で飼育されているのは、ヨーロッパ原産の鶏、その名も「湘南チキン」。

特長は、なんといっても胸肉の厚み。

うま味が強く、身質が細かいため食感がジューシーなのだとか。

「胸肉がジューシー!? 注目の鶏肉「湘南チキン」」

東京・西麻布にあるヘルシー韓国料理の店「イテウォンボウルズ」では、この湘南チキンを一羽丸ごと使用した薬膳タッカンマリが人気。

店主の熊田さん曰く、10種類以上の鶏肉を試し、このチキンにたどり着いたのだとか。

今回は、「湘南チキン」の魅力に迫ります!

「湘南チキンを味わい尽くす、極上の一皿」

東京・銀座のミシュランガイド掲載店「レストラン ラフィナージュ」の髙良康之シェフも、湘南チキンに魅了された料理人。

髙良シェフは、胸肉・ささみ・もも肉、個性のあるそれぞれの部位を、異なる調理法で仕上げた極上の一皿を作ります。

現在、約20の飲食店で使用されている注目の鶏「湘南チキン」。

その味は「うっとりする」と、年間600食を食べ歩くタベアルキスト・マッキー牧元さんも太鼓判を押します。

そんな湘南チキンを生産しているのが、長田龍典さん。

養鶏場に伺ってみると、鶏の鳴き声などはほとんど聞こえず、とっても静か。

一体なぜなのでしょう?

「鶏にストレスをかけない方が、味も良くなると考えている」と話す長田さん。

そのこだわりの飼育方法とは…?

スポンサーリンク


「イタリアンの匠と挑んだ、ヨーロッパに負けない鶏肉作り」

地元で約400年続く農家に生まれた長田龍典さん。

しかし、高校卒業後は不動産会社を起業。

33歳で会社を売却すると、今度は牧場経営を始めました。

当初は、競走馬を預かる仕事をしていましたが、神奈川県に肉鶏生産が根付いていないことを知ると、鶏を育てることを決意。

そこで、どんな鶏を育てるべきかアドバイスを求めたのが、ミシュランガイド東京に14回掲載されているイタリアンの名店「リストランテホンダ」の本多哲也シェフ。

フランスのブレス鶏のような、胸肉のおいしい鶏を作って欲しいと言われた長田さん。

しかしそれは、失敗続きの苦難の道でした。

エサや飼育環境…、試行錯誤を繰り返し、本多シェフに試食をお願いしてはダメ出しを受ける日々。

数千羽のヒナを病気で死なせてしまったこともありました。

それでも、諦めない強い気持ちが、日本では珍しい胸肉のジューシーな湘南チキンを生み出すのです。

「クリスマスを彩る“湘南チキンイタリアン”」

本多シェフとの二人三脚で作り上げた湘南チキン。

長田さんは、その経験を活かし、現在では、さまざまな料理店の好みに合わせた肉質・大きさの鶏を出荷するなど、オーダーメイドの鶏作りを行っています。

そんな湘南チキンの美味しさを、もっとたくさんの人に伝えたい…。

本多シェフは、湘南チキンを使いクリスマスに向けた新作メニューに挑戦します。

ジューシーさをより引き立てるために、3時間じっくり火を通した胸肉は、一体どのような料理に仕上がるのでしょうか…?

この季節ぴったりに彩られた湘南チキンイタリアン、お楽しみに!

スポンサーリンク


取材先
【胸肉が肉厚ジューシー 湘南チキン】オサダファーム
住所:神奈川県小田原市上町679
TEL:070-1260-0770
ミシュランガイド東京常連店 本多シェフのイタリアン】リストランテホンダ
住所:東京都港区北青山2-12-35 タートルストーン青山ビル1F
TEL:03-5414-3723

外苑前駅/イタリアン


ミトミえもん

フランス料理界を牽引する髙良康之シェフの店】レストラン ラフィナージュ
住所:東京都中央区銀座5-9-16 GINZA A-5 2F
TEL:03-6274-6541
【ヘルシーに韓国料理を楽しむなら】イテウォンボウルズ
住所:東京都港区西麻布3-24-23 ARUGA8ビル 1F
TEL:03-5860-6823

まとめ

「鶏にストレスをかけない方が、味も良くなると考えている」
だそうです。
鳴かないのもストレスがないからなん
でしょうか?
この鶏肉に魅了されてメニューを
考えたシェフ達が一体どんな
料理を作るのかは番組を見ての
お楽しみです。

◇語り

薬師丸ひろ子

スポンサーリンク
336×280 1/23 2022
<center>スポンサーリンク</center>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1569083614845296"
     crossorigin="anonymous"></script>
336×280 2022.01.23

スポンサーリンク


<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1569083614845296"
     crossorigin="anonymous"></script>
336×280 1/23 2022
<center>スポンサーリンク</center>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1569083614845296"
     crossorigin="anonymous"></script>
336×280 2022.01.23

スポンサーリンク


<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1569083614845296"
     crossorigin="anonymous"></script>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 1/23 2022
<center>スポンサーリンク</center>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1569083614845296"
     crossorigin="anonymous"></script>
336×280 2022.01.23

スポンサーリンク


<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-1569083614845296"
     crossorigin="anonymous"></script>