行列ができる江戸前アサリ惣菜の店 江東区砂町 6/11土9:30〜テレ朝 | 芸能ニュースと趣味の時間
スポンサーリンク
スポンサーリンク

行列ができる江戸前アサリ惣菜の店 江東区砂町 6/11土9:30〜テレ朝

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



..

「貝の王様!?味わい深いあさり」

青葉の色鮮やかなこの季節に、旬を迎えるのがあさり!

江戸時代から続く焼きあさりはもちろん、味噌で煮込んだ深川飯も美味しい。

今、貝で出汁を取ったラーメンが注目を集めています。

東京・阿佐ヶ谷の麺処リュウグウで女性に人気なのが、注文が入ってから追いあさりを入れる、あさりそば。

たっぷりのあさりと飽きのこないスープは相性抜群です。

スポンサーリンク



.
.

東京・砂町銀座商店街では、行列ができる惣菜の店があります。

スポンサーリンク



..
江戸前漁師の絶品のあさり飯!

浅利の伝統の町「浦安」から行商で始まり、この地「砂町」で五十年以上もの年月店をやってきています。

代々「浦安の漁師」として活躍し、江戸前の漁師町「浦安」伝統の味を守り続けているそうです。

その名もあさり屋さん”。

焼きあさりやあさりの佃煮、あさりコロッケが並ぶ中、看板女将・小川勝子さんのオススメがあさりご飯です。

あさり屋さんの画像

あさりの出汁がご飯に染み込んで、生姜がアクセントとなっています!

食べるとにっこり笑顔が溢れます。

そんなあさり屋さんのクチコミや店舗

情報を調べてみました。

あさり屋さん クチコミ

和食、天ぷら、揚げ物

あさり屋さんの画像

4 /11件の評価平均

評価 4

bac********さん

あさり屋さんの画像

2022/5/9

.

評価 4

a********さん

あさり屋さんの画像

あさり屋さんの6枚目の画像

2022/5/7

.

Rettyユーザーさん

あさり屋さんの画像

あさり屋さんの画像

150円(税込)

あさり屋さんの5枚目の画像

2022/3/31Retty

.

Rettyユーザーさん

2019/8/19Retty

あさり屋さん 店舗情報

PayPay支払いは利用できません
あさり屋さん - 地図
アクセス 大島駅から1,157m
大島(東京都)駅[A5]から徒歩約15分
 .

営業時間:時短営業のため11:00~19:00(11:00~21:00)

定休日:なし

Tel. 090-3545-8395

予約不可

予算 ~¥999

支払い カード不可 電子マネー不可

駐車場 無

設備  カウンター席あり

たばこ 全席禁煙

オープン日 2011年9月1日

Email   info@asariyasan.com

店内では、アルコール類、お茶類も提供しています。

浅利御飯
大:550円(税込)
小:350円(税込)
浅利しぐれ(佃煮)
大:1000円(税込)
小:500円(税込)
浅利のパスタ
500円(税込)
田舎赤飯
大:500円(税込)
小:300円(税込)
根野菜の旨煮
400円(税込)
浅利コロッケ
150円(税込)
各種お弁当
380円~(税込)
各種佃煮
300円~(税込)

まとめ

あさり屋さんの画像

写真は浅利めし小ですが
.
350円税込
.
あさりコロッケは
.
なんと150円税込で買えるんですね。
.
佃煮もコロッケも浅利めしもみんな
.
食べたいですね〜。
.
どれもめっちゃ旨そうです。
.
このアサリは船橋で取れたものですが

一時環境の悪化で全然採れなくなって

しまったのを漁師達の努力で再び

採れるようになった特筆すべきアサリ

ですよ。

「江戸前あさり、復活に向けた奮闘記」

東京湾であさり復活に向けた動きがあると知り、早朝5時に日髙シェフが訪ねたのは、千葉県・船橋の貝専門漁師・小野尾祐司さん。

三番瀬と呼ばれる約1800ヘクタールの干潟が続く浅い海で漁を行います。

日髙シェフも採れたあさりの膨らみ具合や、殻の模様が特徴的なことにびっくり。

船橋では1960年代、年間2万トンものあさりの水揚げがあり、江戸前あさりとして長年愛されてきました。

しかし、海苔養殖の減少や、環境の変化でここ最近の漁獲量は、ほぼゼロに…

そこで立ち上がったのは、小野尾さんを始め、貝漁師たち。

「あさりがとれていた時を知っているから悲しい」

と復活に向けて試行錯誤を繰り返します。

復活の鍵となったのは、なんと砂利!?

さらに天敵ツメタガイの駆除も行い、良い環境を作る努力を続けています。

台風による災害など様々な困難にも挫けず、江戸前あさり復活に賭ける姿は必見です。

さらに、漁師めしを日髙シェフが試食します。

江戸前あさりのぶっかけ飯に、あさりフライ。

味が濃く、出汁がよく出るという特徴を存分に味わいます。

「出汁香る!江戸前あさりの新作イタリアン」

あさり漁を体験し、漁師たちの復活に賭ける情熱を感じた日髙シェフ。

小野尾さんに感謝の気持ちを込めて、江戸前あさりの新作イタリアンに挑戦します。

あさりの出汁を上手に使った、あさりフライを参考に作ったのは、ナポリ風の揚げパン。

船橋の海苔とあさりの身を、ふわふわ、カリカリの生地が包みます。

二品目は、直売所で手に入れた、新鮮な魚介を使って、イタリア風ぶっかけ飯を作ります。

米の代わりに使うのは、イタリアの古代穀物!

一体どんな味わいになるのでしょう。

取材先

【あさり出汁をふんだんに使ったアクアパッツァのレストラン】リストランテ アクアパッツァ
住所:東京都港区南青山2-27-18 パサージュ青山2F
TEL:03-6434-7506
https://acqua-pazza.jp
【黄金色に輝く貝出汁ラーメン店】麺処リュウグウ
住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-13-2 パサージュ阿佐ヶ谷1F
TEL:03-3556-9926
https://www.instagram.com/ryugu_mendokoro/?hl=ja
【あさりご飯でにっこり笑顔溢れる店】砂町銀座のあさり屋さん
住所:東京都江東区北砂4-25-5
TEL:03-6770-8220(FAX共通)
https://peraichi.com/landing_pages/view/asariyasan
【船橋の新鮮な魚介が買える直売所】三番瀬みなとや
住所:千葉県船橋市日の出1-22-1
TEL:047-434-0668
https://www.funabashi-gyokyou.jp/minatoya
※普段、江戸前あさり料理は提供しておりません
スポンサーリンク
300×280 2022.01.23

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
300×280 2022.01.23